福岡の事業再生、承継、相続、M&A、広告の今を伝えるスモールビジネス諸行降臨 vol,13

これが噂のドローン

パロット(パリ、アンリ・セイドゥ代表)が製造販売するマルチコプター「ドローン」。

wi-fi経由で操縦する初めての無人飛行機分野のパイオニア。

もともとは自動車向けハンズフリー機器で頭角を現し、BluetoothSmartテクノロジー商品で脚光を浴びている。

家電量販店に複数のラインが並んでいる。

ウェアラブルカメラと組み合わせれば、無限の可能性を秘める。

日本からも本当のベンチャーが出てくることを切望。

 

福岡の事業再生、相続、承継、M&A、保険、広告の今を伝えるスモールビジネス諸行降臨 vol,12

第3回究極の資金繰りセミナー開催御礼

 

今回も熱のこもった熱い講話をいただきました。
たちばなさんありがとうございました。

知識があるのと持ち得ないのでは天地の開きがあることが
改めて浮き彫りになります。

法治国家でありながら、多様なしがらみの中で、あまり知られていない法律の知識を得ることで自ら命を絶たなくても済む。あるいは安易に自己破産を選択せずとも再生できる。

実体験に基づくお話は説得力があります。

ご参加の皆様、ご関心をお寄せの皆様、スタッフの皆様ありがとうございました。

 

福岡の事業再生、相続、承継、M&A、保険、広告の今を伝えるスモールビジネス諸行降臨 vol,11

越境がキーワード

電子商取引(EC)サイトでは国境の垣根を越えた越境ECが花盛り。
円安の影響も加わり、停滞する日本市場をよそに余った在庫を現在は常夏の南半球に販売したり、為替差益を狙い北米やアジア市場に販売するeBayやAmazonなどが活況だ。

食品メーカーの中にもグリコの「Pocky midi」と、キリンビバレッジの「午後の紅茶 アップルティ」が、越境したコラボレーション販売を実現させている。両社がそれぞれ商品を開発し、製品を並べると姫と王子が手を取り合うパッケージデザインになっている。それぞれ2015年2月17日に全国で発売開始。

これならセットで買わないわけにはいかない。
今後こうしたコラボが増えるだろう。

 

福岡の事業再生、相続、承継、M&A、保険、広告の今を伝えるスモールビジネス諸行降臨 vol,10

JR博多駅直結の九州最大級のオフィスビル建設着々と

JR九州が日本郵便と共同でJR博多駅南西に建設中の新博多ビル(仮称)の工事が着々と進んでいる。

開業予定は2016年春というからちょうど来年の今頃だ。

核テナントには九州初出店の丸井が入居。

JR九州も日本郵便も株式上場を控え、非本業の不動産業に力が入る。

施設概要
構造:地上12階、地下3階
用途:オフィス、店舗、駐車場
敷地面積:約3,350㎡
延床面積:約44,000㎡
開業時期:2016年春(予定)

 

福岡の事業再生、承継、相続、M&A、広告の今を伝えるスモールビジネス諸行降臨 vol,9

いつも斬新な情報を発信する天神イムズ

 

3月4日まで天神イムズプラザB2Fにて九産大プロデュース展が開催されている。

九州産業大学芸術学部と周辺の自治体・企業・他学部と連携して実施するプロジェクト。

地域振興を目的として大川家具、博多織、博多人形などの成果を公開している。

三菱地所の子会社イムズが運営する情報発信ファッションビル。

開業は1989年4月というから平成の歴史とともに福岡の中心地から情報発信をしてきたことになる。

天神ロフトビルも当社が運営管理。

今や百貨店経営は物販ではなく不動産賃貸業と言われるほど、一等地の立地を有効活用するかが求められるが、地下2階から地上8階までの吹き抜けは斬新な作りながら、贅沢な作りと改めて感じさせられる。

まさに空間が媒体化している。

福岡の事業再生、承継、相続、M&A、広告の今を伝えるスモールビジネス諸行降臨 vol,7

含蓄深いスティーブ・ジョブズとビル・ゲイツ鼎談

「かつてポータブル・ミュージックの市場を支配していた本当に偉大な日本のコンシューマー・エレクトロニクスの会社は素晴らしいハードで市場を支配していた。
ただ、残念ながら彼らは適切なソフトウェアを作れませんでした」。

「ipodもmacも本質はソフトウェア。アップルはソフトウェア会社だ」とスティーブ。

ソフトウェアが好きな人は、自分でハードを作りたがる。

「ビルは我慢できたね」。

 

福岡の事業再生、承継、相続、M&A、広告の今を伝えるスモールビジネス諸行降臨 vol,6

天然酵母にこだわったクロワッサン専門店「三日月屋」

天然酵母を使いオリジナル製法で作ったクロワッサン専門店「三日月屋」を展開するa.crescrnt(北九州市若松区、山本信幸代表)。

現在は本店の他、博多駅、福岡空港、薬院の直営4店、東急吉祥寺店など販売店5店。

小麦製品は数々ある中、パンに絞り、さらにクロワッサン専門店として確固たる地位を築く。

ラインもワインにあうプレーンをはじめ、小豆、チーズ、ココア、アップルまで。

最近はクロワッサンのようなラスク、「ラスクロ」も店頭に並ぶ。

外はパリッと中はもちもち。熱に弱い天然酵母を特殊技術で急速冷凍することで販路が広がった。

ワンアイテムに絞り、専門性を高めた。

特殊製法もさるとこながら商品戦略は他のメルクマールになる。

 

福岡の事業再生、相続、承継、M&A、保険、広告の今を伝えるスモールビジネス諸行降臨 vol,5

中洲ゲイツビルを上階から降りてみた

中洲の複合商業施設ゲイツ。

1999年閉店した福岡玉屋跡地に2006年開業した地下1階、地上11階、約38000㎡の商業ビル。

信託方式のこの物件の信託受益権を2013年12月、福岡スタンダード石油(福岡県久留米市)が売買取得。

現在のキーテナントは1階のツタヤ、2階のドンキホーテ、9-10階のトータル・ワークアウト位か。

週末の19時前。
残念ながら上階に行けば行くほど人気はまばらとなり、エスカレータの両側は無味乾燥な敷居で仕切られ、かつての玉屋をご存知の方は固唾を呑むかもしれない。

天神と博多駅の中間、中洲に位置しそのシンボル的な存在ながら、閑散としている感は否めない。

現状のままでいいはずはない。

 

福岡の事業再生、相続、承継、M&A、保険、広告の今を伝えるスモールビジネス諸行降臨 vol,4

何ともフルーティな焼酎茜霧島

霧島ブランドマルチアイテム。
黒 赤 白 そして茜

庶民の味方、黒霧島に女性に受けそうな茜霧島。タマアカネなる風味豊かな芋が原料。柑橘系の香りが楽しめる焼酎。
@600円は決して安くはないが病みつきに誘う味。
マーケティングの成功事例として霧島酒造の戦略に乾杯!