無料通信アプリを展開するLINEの子会社LINE Fukuokaの社屋ビルの着工が遅れている。

当初は2014年1月着工、2015年10月完成予定だったが、未だに着工していない。敷地は夏の日を受け、ペンペン草が繁っている。

建設費の高騰の影響を受け、当初見積もりから1桁違う見積もりが提示され調整が長引いているという。

10月予定していた株式上場を年内は見送っているのも影響している。

少し長引きすぎ、それだけ根深い問題があるのだろうか。

http://linefukuoka.co.jp/company/building

 

DSC02896

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください