新生リモワスタート

ドイツの高級ラゲージメーカーのリモワ。

よくみるとRIMOWAのロゴタイプが変わっている。

2016年、リモワのディーター・モルシェックCEOは世界的ラグジュアリーコングロマリットであるLVMH(フランス、モエヘネシー・ルイヴィトングループ,2017年度売上高5兆7558億円、純利益6924億円)に株式の8割(6億4000万ユーロ、723億円)を売却し、LVMHグループ入りを発表していた。

LVMHグループは、コニャックのトップブランド、ヘネシーのほか、ルイヴィトン、ディオール、フェンディなどのファッションブランドやブルガリ、ウブロ、タグホイヤーなどのウォッチジュエリーブランドをもつ。

2018年7月以降、日本におけるリモワ製品の取り扱いおよび修理は林五(大坂市、はやしご)からRIMOWA JAPAN(千代田区平河町)に承継されている。

来月から新たなロゴを冠した製品ラインナップがお目見えする。

折しも25日、米アパレル大手のマイケル・コースホールディングスはイタリアの高級ファッションブランドヴェルサーチを18億3000万ユーロ(2400億円)で買収すると発表。LVMHグループを追撃する。

カジュアル化の波が迫る中、世界的な高級ブランドの買収合戦によるシェア争いが熾烈化する。

*ユーロ円換算レートは当時のもの